新日本プロレスニュース・情報ブログ

新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

【ガチで】タイガーマスクWの正体は?飯伏幸太がオカダ・カズチカ攻略法を伝授|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170223211144p:plain

 

スポwebにて、飯伏幸太オカダ・カズチカ攻略法をタイガーマスクWに伝授という記事が更新された。

 

プロレス界のゴールデンスター・飯伏幸太(34)が22日、新日本プロレス3月6日大田区総合体育館大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)と対戦するタイガーマスクWに緊急アドバイスを送った。幅広いプロレス研究活動を行う飯伏は、かねて新・虎戦士のスタイルに注目していたという。飯伏イチオシのタイガーが、レインメーカーを攻略するための研究結果とは――。

 

業界屈指の異端児・飯伏は、今年になっていまだに試合数ゼロという周囲がやきもきする生活を送りつつも、プロレス研究に没頭している。そんな中、現在もっとも興味深いのが、古巣の新日マットで実現するオカダとタイガーの夢対決だという。

 

タイガーは謎に包まれた部分が多く、正体は明かされていない。だが飯伏は「スタイルが(自分に)似ているというか、注目はしてました」とその実力を認める。「今のオカダ選手とできるタイガーがうらやましいですよ。僕は進化したオカダ選手も研究してるので。自分だったら対策を練るのになあ。タイガーはどうなんだろうなあ、と思って見ています」と語った。

 

飯伏に聞いたところで無意味とは承知の上、タイガーがオカダに勝つための攻略法とは――。答えは明快だった。ヒントは1・4東京ドームのケニー・オメガ(33)対オカダ戦にあるという。

 

「自分の知る限り、MAXのフィジカルを持つケニーでさえも46分(45秒)やって勝てなかったわけだから、スタミナでは勝てないでしょう。試合は30分1本勝負? なら5分で決めるくらいの考えじゃないと、タイガーは勝てない」と、瞬発力を生かした短期決戦に勝機ありと分析した。

 

さらに「あのマスクは呼吸もしにくそうで、目の焦点も合わなそう。あれじゃ動けないだろうと気になりましたね。戦闘用のマスクに変えたほうがいいかもしれないですね」ともアドバイス。タイガーの耳に届くかどうかはともかく、プロレス研究所所長を名乗る飯伏の意見はさすがに鋭さがあった。

 

無関係人物であるはずの飯伏でさえ、ここまで熱く語るオカダとタイガーの夢対決。業界全体を盛り上げる一戦になることは間違いない。


参考サイト:東スポweb

 

 


両者が向かい合う日は、2017年3月6日(月) 東京・大田区総合体育館以外に、前哨戦として2017年3月1日(水) 東京・後楽園ホールでも試合が行われる。

 

 

◆2017年3月1日(水) 東京・後楽園ホール

 

外道&オカダ・カズチカ

vs

タイガーマスクタイガーマスクW

 

 

 

 

◆2017年3月6日(月) 東京・大田区総合体育館

 

NJPW旗揚げ45周年記念試合

オカダ・カズチカ vs タイガーマスクW

 

 

まぁ、なぜこの試合が組まれたのか?分からない人もいるかもしれないので記載する。

 

スポンサーリンク
 

 


2017年2月5日(日) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーるで「IWGPヘビー級選手権試合」が行われた。その時の対戦相手は鈴木みのる

 

puroresu.hatenablog.com

 


40分46秒の死闘の上、オカダ・カズチカが勝利。


その後のマイクにてオカダ・カズチカはこのように話した。

 

オカダ「みっつ、言わして下さい(※大拍手)。

 

ひとーつ! 鈴木さん、あなた強いよ。俺は鈴木さん、いままで嫌いでしたけども、今日で…とても嫌いになりました(※大歓声&大拍手)。

 

ふたーつ! 次は『NEW JAPAN CUP』、優勝して、この(IWGPヘビー)ベルトに、挑戦する自信があるなら、勝つ自信があるなら、俺に挑戦して来い(※大拍手)。

 

みっつ! ……特にありません(※場内笑&大拍手)。…と、言いたいところだけど、ひとつだけ忘れてました。

 

1人、闘いたい相手がいます(※場内驚き)。ま、それはたぶん、『NEW JAPAN CUP』(に)出ないと思います。でも、僕個人として興味があるのは、タイガーマスクW(※場内騒然)。

 

まあ、『NEW JAPAN CUP』(には)出ないと思います。そして、新日本プロレスOKというのであれば、オカダvsタイガーマスクW、やらして下さい(※大拍手)。

 

まあ、こういうように、お客さんがワクワクするような試合をな、どんどんどんどんしてやる。そして! また! この、札幌に! この俺がIWGPヘビー級チャンピオンとし帰って来る。そのときは! ここ、札幌に! カネの雨が降るぞー!!(※大歓声)

 


抜粋すると・・・


1人、闘いたい相手がいます。ま、それはたぶん、『NEW JAPAN CUP』(に)出ないと思います。でも、僕個人として興味があるのは、タイガーマスクW

 


このマイクによって即実現したのが、2017年3月6日(月) 東京・大田区総合体育館オカダ・カズチカ vs タイガーマスクW」というわけだ。


勿論、筆者である私もこのカードは非常に楽しみではあるが・・・今週発売された「週刊プロレス」を見る限り、タイガーマスクWの正体でもある!?飯伏幸太!?は、やはり「今回だけ」の参加になるだろう。


なぜなら、本誌で飯伏幸太が語っていることは、「常に新しいことに挑戦」と言っているからだ。


また、勝敗も2017年6月までアニメが続くことを考えれば、大田区タイガーマスクWが負けることはあり得ない。だって、主人公だから。


つまり、勝敗予想は「引き分け」・・・もしくは、タイガーマスクWの勝利になるというわけだ。

 

スポンサーリンク
 

 

タイガーマスクW関連記事一覧。

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓