新日本プロレスニュース・情報ブログ

新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

内藤哲也の「あるテーマ」の答えが「タイガーマスクWとのインターコンチネンタル戦」|新日本プロレス


スポンサーリンク

藤哲也、また「エグイ角度」からの話題をファンに対して見せつけてきた。

 

2017.4.9 両国国技館大会で自身の持つ「インターコンチネンタル王座戦」だけ行われないことに不満を爆発させた内藤哲也

 

puroresu.hatenablog.com

 


ここで、モチベーションが上がらないことを種に「あるテーマ」をいくつか考えていたが、ようやくここにきてそのテーマが発表される時が来た。


その時が・・・2017.4.4 東京・後楽園ホールである、この試合は新日本プロレスワールドでもライブ配信される。

 

2017.4.2 栃木・足利市民体育館試合後のコメントにてこのように話していた。

 

内藤「テーマがなければ、自分で見つけるって言ったけど、やっとテーマが見つかったわ。一つ、見つかったよ。それは、一体なにかって? その答えは、次の火曜日、後楽園ホールで発表するから、それまで『内藤は一体なにを思いついたのか?』、『なにを考えてるのか?』皆様で考えて、楽しんでください。アスタマルテス、アディオス」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

 


・・・試合後のコメントでも分かる通り、テーマの答えが後楽園ホール大会を待たずに東スポwebで発表されたのである。

 


それは・・・タイガーマスクW (飯伏幸太)とのインターコンチネンタル戦である。

 

f:id:seki77:20170403173705p:plain

 

puroresu.hatenablog.com

 

sinota.hatenablog.jp

 

 

新日本プロレスのIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(34)が2日、団体に禁断の“踏み絵”を突き付けた。IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)と「NEW JAPAN CUP」覇者・柴田勝頼(37)の頂上決戦が実現する9日の両国国技館大会でただ1人王座戦が組まれなかったIC王者は、次期挑戦者候補に新覆面戦士・タイガーマスクWをリストアップ。自ら新たな夢対決を浮上させた意図とは――。


NJC覇者の柴田がIWGP挑戦を選択したため、IC戦線は白紙の状態。両国決戦で王座戦が組まれなかった内藤は不満をあらわにしてきた。


このまま陰湿な団体批判を延々と続けるのか…と侮るなかれ、そこは昨年度の東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞MVPだ。ダテに自分で道を切り開いてきたわけではない。「どうやらIC王者は新日本から忖度してもらえないようなんでね。テーマがないなら、自分で見つけるよ。その代わり、後になって俺の言うことに文句つけないでくれよ? 何のテーマも与えなかったのは新日本なんだから」と生産的な思考に切り替え、次期挑戦者を自ら指名する意向を示した。


とはいえ団体内はNJCで格付けが済んだばかり。優勝者以外の出場15選手は現状として見劣りする。そこで内藤が目をつけたのが、3月6日大田区大会のオカダ戦が話題となった新虎戦士だ。「例えば俺がタイガーマスクWとやりたい、と指名したらどうなるのか。もちろん新日本は動いてくれるんだろうね? 実現したら彼とは初対戦になるんだろうけど、大田区を(超満員)札止めにするくらい、お客様の期待はあるみたいだしね」


肌つやを見るに同年代らしきWとの王座戦は実際に魅力的だが、真の狙いはむしろ「団体の対応を確かめる」ところにありそうだ。内藤は「オカダVSタイガーマスクWをドリームカードって言ってあおったんだ。まさか内藤相手じゃドリームカードにならないとは言わないよね?」と、IWGP王者がWとの対戦を熱望した際、早急に対応した団体をけん制。


この要望が通るか否かで、IC王者の権威や発言権を推し量ろうと“踏み絵”を突き付けた格好だ。


この日の足利大会では10人タッグ戦で大暴れ。今回の発言まで無視されると、本紙はまたファミレスに緊急招集されそうなので、新日本の英断が待たれる。

 

引用記事:東スポweb

 

スポンサーリンク
 

 

もし、この要求を新日本プロレスが呑まなければ「オカダ・カズチカ贔屓」とも言えるだろうし、ファンは黙っていないだろう。


ただ、裏を返せば、この要求なら現実味も感じるので会社も呑めるのかもしれない。

 

現実味というのは、アニメ「タイガーマスクW」での内藤哲也の使われ方の事である。アニメを見ている人は分かると思うが、内藤哲也の使われ方が非常に良いのである。

 


2017.4.9 両国国技館大会でタイガーマスクWは、第1試合目に登場するので、もしかしたらこの時内藤哲也が登場する可能性もある。

 

 

第1試合目

 

【本隊】

タイガーマスクタイガーマスクW永田裕志真壁刀義

vs

【バレットクラブ】

チェーズ・オーエンズ&高橋裕二郎タマ・トンガタンガ・ロア

 

 

 

登場しなければ、第5試合目の内藤哲也の試合時にタイガーマスクWが登場する!?

 

 

第5試合目


【ロス・インゴベルナブレス・デハポン

BUSHI&EVIL&SANADA&内藤哲也

vs

【本隊】

リコシェ田口隆祐&ジュース・ロビンソン&棚橋弘至

 

 

まぁ、しかし、両国国技館大会でのメインは「IWGPヘビー級タイトル戦」オカダ・カズチカ vs 柴田勝頼なのだが、内藤哲也というレスラーは、「話題」を独占するストーリーを作るのが本当に上手いですね。

 

ただ、内藤哲也 vs タイガーマスクWとの対戦が決まったら・・・このようなことも想定しておかなくてはいけませんよ。

 

タイガーマスクWのマスクがはがされ、飯伏幸太が登場!?・・・

 

言っても、内藤哲也新日本プロレスでは「ヒール」だし、近々のアニメ「タイガーマスクW」では、「ザ・サード」に負けた「タイガー・ザ・ダーク」がマスクをはがされたのでね www

 

f:id:seki77:20170403191222p:plain

 

まぁ、期待値としては相当高いことがネットのコメントを見ると分かります  (一部紹介)。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也 vs タイガーマスクWに対するネットのコメント紹介 (一部)

  • 決まったら楽しみですね。
  • 確かに今思いつく対戦相手の中では良い選択だ
  • 実現して欲しいカードですね!
  • 内藤ほどの選手を飼い殺しにするのは本当にもったいない。昨年のMVP選手だよ、内藤は。試合内容も素晴らしいし、団体としてもうちょっと良い流れを作ってあげてほしい。
  • きた。至極のカード
  • 両国でやったら尊敬する。
  • トランキーロの奴か
  • 集客力がある目の上のタンコブと思ってる会社は、どう出るんだろ〜楽しみ。
  • 流石、内藤さん。
  • 今の新日本でこの発言力、発信力は貴重だね。Wとの闘い観てみたい。
  • 内藤vsタイガーマスクWは、観たいカードですね!!
  • これ、決まっても決まらなくても会社と揉めるパターンだな。さすが内藤。正直、オーナーと揉めるとこが一番面白い。
  • 内藤、切れ味が鋭い!サクラジェネシス両国で「緊急決定」とかなってほしいなぁ~。
  • 博多のレスリングどんたくがまだまだ空白。おそらくICをメインにおいてくると思われる。去年も上手く博多を締めた内藤だから、色々考えて会社にアプローチしてるはず!タイガーWほかインパクトのあるカードを組んでほしい。
  • 飯伏と内藤はいつやってくれんだ。あとは鈴木とかスミスとの絡みとかさ、年末から内藤と本隊ばっかで飽きるんだよ。
  • さすが内藤!いいとこ突いてきたなぁ!

 

 関連サイト・記事一覧

www.toei-anim.co.jp

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓