新日本プロレスニュース・情報ブログ

新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

真壁刀義の「怒り」の正論~2016.11.18 東京 後楽園ホールで内藤哲也に対して発した言葉


スポンサーリンク

2016.9.25 兵庫・神戸ワールド記念ホール

2016.11.5 大阪・大阪府立体育会館


で、ゲスト解説を務めた真壁刀義

 

f:id:seki77:20161120074446p:plain


上記、2試合では内藤哲也のことを「カリスマ性がある」など「大絶賛」していた。


しかし、


2016.11.18 東京・後楽園ホールでは、内藤哲也に対して怒りが爆発した。

 

http://njpwworld.com/p/s_series_00410_1_1

 


その怒りが頂点に達した瞬間は、試合終了後、内藤哲也とルーシュが棚橋弘至の顔を踏ん付けたときだ。

 

 

ここで、真壁刀義が言ったこと・・・

 

観客が、内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンに大歓声を上げる意味が俺には分からね・・・

 


まさしく正論である。

 

だって、ロス・インゴベルナブレス・デハポンというユニットは・・・


ヒールだからだ。

 


かつて、蝶野正洋率いる「T2000」というユニットは、ブーイングの嵐。

 

f:id:seki77:20161120073836j:plain


今現在のロス・インゴベルナブレス・デハポンのように介入は当たり前、イスなどの凶器も当たり前・・・


しかし、同じことをしているのにロス・インゴベルナブレス・デハポンには、大歓声なのだ。

 

 

今現在、新日本プロレスの中心は、ロス・インゴベルナブレス・デハポンであり、本家「ロス・インゴベルナブレス」ルーシュが「WORLD TAG LEAGUE 2016」に参加となれば、ますます勢いが増す。

 


だから、真壁刀義は言った。


本隊が何とかしなくては。

 

 

・・・しかし、我に返り「誰が?」「どうやって?」「どのようにして?」このロス・インゴベルナブレス・デハポン旋風を止めることが出来るのか?


勿論、ヒールに対抗するベビーがいるからプロレスは面白いが、ロス・インゴベルナブレス・デハポンというユニットは、ヒールでもなくベビーでもない「真ん中」に位置するユニットである。


だから、勢いを止めることは難しいし、ファンはどんどん信者になっていくのである。


もし、この勢いを止められる人物がいるのであれば、私はあえてこの人物を挙げておこうと思う。

 

 


そう。

 

 

 

飯伏幸太ケニー・オメガのユニット。

 

彼らしかいないだろう・・・・

 

youtu.be

 

では。

 

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓