新日本プロレスニュース・情報ブログ

新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

エル・デスペラード、ツイッターでBUSHI・KUSHIDAを猛烈批判。|新日本プロレス

f:id:seki77:20170524164100p:plain

 

木軍・エル・デスペラードツイッターでBUSHI・KUSHIDAを猛烈批判、それが、話題を呼んでいますので記事にします。

 

 


内容としては、「ベスト・オブ・スーパージュニア24」の戦歴に対しての批判になりますが、まぁ、正論ですし間違ってもいません。

 

puroresu.hatenablog.com

 


ただ、エル・デスペラードの主張がリングの上で行われているのか?と考えると、やはり目立つのは同軍団の「タイチ」なんですよね。


2017.6.11 大阪城ホール大会「NEVER無差別級選手権試合 ランバージャック・デスマッチ」鈴木みのる vs 後藤洋央紀戦を見ても、「タイチは帰れ!」コールだけを聞いても・・・


まずは、リングの上でのパフォーマンスが「タイチ」より上回らなければ、ちっちゃい主張で終わり兼ねない。


まぁ、言わなければ何も始まらないし、BUSHI・KUSHIDAも突っ込むことも出来ないので、これからどんどん主張してほしいと思う。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


私から見ると、リングの上でのパフォーマンスやツイッターの使い方も「タイチ」のほうが上。


また、ファンを巻き込む力も他のユニットにちょっかいをかけるのも、華があるのもタイチなんですよね。


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンと違い、鈴木軍は実力の世界にも感じられますので、そこをどーやって切り抜けていくのか?が見物。


ちなみに、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは、「one for all all for one」って感じですね・・・私から見ると。


エル・デスペラードとBUSHIを「マスクマン」として比較した場合、実力はエル・デスペラードで、華と存在感は圧倒的にBUSHI。


鈴木軍としてリングの上にいると、やはり、タイチ、TAKAみちのく金丸義信の影に隠れてしまう印象が強い。実力があるだけに勿体無い気もするが、この新日本プロレスで生き残っていくためには求心力と華と存在感が絶対的に必要であることは紛れもない事実なので、何とか突破口を探し出してほしい。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 ⇒ 【姉妹ブログ】プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

2017年、第9回AKB総選挙結果速報・SKE48・タグチ・ジャパン松井珠理奈 第3位|新日本プロレスファン

f:id:seki77:20170617203825p:plain

 

プロレスファンで有名な「SKE48」の松井珠理奈さん。

 

 

 


会場にも、足を運ぶくらいのマニアぶりを見せ、ある意味「プロオタ」から受け入れられているのではないでしょうか?

 

 

 


そんな中・・・


本日、2017.6.17に「第9回AKB総選挙」がありました。


その結果、第3位!に松井珠理奈さんがランクイン!


おめでとうございます!

 

最後は、棚橋弘至の締めのマイク「愛してまぁ~す」で占めた www

 

スポンサーリンク
 

 

第9回AKB総選挙結果

※数字は「票数」になります。

  • 第 1 位:指原莉乃 245376
  • 第 2 位:渡辺 麻友 149132
  • 第 3 位:松井珠理奈 113615
  • 第 4 位:宮脇 咲良 82803
  • 第 5 位:荻野 由佳 73368
  • 第 6 位:須田 亜香里 63124 
  • 第 7 位:横山 由依 58314 
  • 第 8 位:惣田 紗莉渚 52475 
  • 第 9 位:岡田 奈々 48143 
  • 第 10 位:北原 里英 45684 
  • 第 11 位:高橋 朱里 42663 
  • 第 12 位:白間 美瑠 41491 
  • 第 13 位:本間 日陽 41230
  • 第 14 位:古畑 奈和 40202 
  • 第 15 位:高柳 明音 38576

 

スポンサーリンク
 

 

 ⇒ 【姉妹ブログ】プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

バケモノ級!!内藤哲也 vs 棚橋弘至の「煽りVTR」の盛り上がり方が異常事態だ!|2017.6.11 大阪城ホール 新日本プロレス

f:id:seki77:20170611082948p:plain

 

 

YouTubeに公開された2017.6.11 大阪城ホール大会の「インターコンチネンタル選手権試合」内藤哲也 vs 棚橋弘至の「煽りVTR」のコメント数が、まだ公開されて12時間ほどしか経過していないのにも拘らず「バケモノ級」の盛り上がり方をしている。

 

 

youtu.be

 

 

f:id:seki77:20170611081738p:plain

 

  • イイね数:530回
  • コメント数:329件

 

特に、コメント数ですね。

 

比較対象としては、2017.1.4 東京ドーム大会、内藤哲也 vs 棚橋弘至の「煽りVTR」と比べるとコメント数が12時間しか経過していないのに「倍」の数字を叩きだしているという点。

 

f:id:seki77:20170611082330p:plain

 

  • イイね数:651回
  • コメント数:157件

 

youtu.be

 

 

マジで、バケモノですね!!!


・・・それだけ、ファンの期待度が高いと言えるのだろう。

 


では、なぜ、この試合がこれだけ期待されているかと言うと、大きくは2つの要因がある。

 

スポンサーリンク
 

 


簡単に説明すると・・・


◆王者、内藤哲也がインターコンチネンタルベルトを破壊した。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 


棚橋弘至が「ベスト・オブ・スーパージュニア24 優勝決定戦」代々木大会に負傷欠場してから初めて内藤哲也の前に現れたが、ファンから悪質なブーイングをもらい、それに反応してしまった。

 

puroresu.hatenablog.com

 


・・・話せば、もっと深いストーリーがあるのだが、大きく分けてこの2つの出来事があったからこれだけの盛り上がりを見せている。

 

深いストーリーを読んでみる

 


YouTubeでのコメントを見る分かるのだが、反応は半々ってところではないだろうか?


果たして結果はどうなるのでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

 

 ⇒ 【姉妹ブログ】プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【現実と真実】この画像とコピー悪意あるよね・・・ちょっと、KUSHIDAに失礼かな?|新日本プロレス

f:id:seki77:20170605184014p:plain

 

 

分かりますかね?

 

 

ヒロムが大阪城の“カード変更”要求も菅林会長は却下…!KUSHIDAがIWGPジュニア奪還と勝利時のウェーブを公約!!【2夜明け会見】

 


ヒロムの名前が最初に来て、画像がヒロムの泣き顔付き。

 

www.njpw.co.jp

 


つまり、新日本プロレスもKUSHIDAの会見だけでは、数字が取れないことが分かっているから、このような使い方をするんですよね。


もし、棚橋弘至なら1人でもいいと思うし、オカダ・カズチカも1人でいい・・・ケニー・オメガでも・・・


これが、高橋ヒロムの会見なら1人で独占だろうし・・・


まぁ、考え方は人それぞれですが、会社としては、この会見を無料で見せて新日本プロレスワールドに誘い込みたいんだろうけど。


実際、会見を生視聴しましたが、正直、つまらなかったし、ツイートも全然流れない・・・


それが、現実で、

それが、真実なわけで・・・


いくら、KUSHIDAが、代々木満員を訴えても、それはKUSHIDAの力ではないし、KUSHIDAの存在価値だけでは、約4.000人規模の会場は埋められない。


・・・厳しいことを言っているのは承知の上。


ただ、このコピーと画像を見ればKUSHIDAもショックを受けるのでは?今回は、「ベストオブスーパージュニア24」で優勝して、高橋ヒロムも「おめでとう!」って言っているのだから、KUSHIDAの独占でもよかった気もするのだが。。。

 

では、では。

 

スポンサーリンク
 

 

 ⇒ 【姉妹ブログ】プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

棚橋弘至「ヒーローは遅れて登場するんだよ。」内藤哲也ファンは「辞めちまえ!」|新日本プロレス

2017.6.3 東京・国立代々木競技場・第二体育館で行われた「ベスト・オブ・スーパージュニア24 優勝決定戦」の内藤哲也の試合終了後のマイク中に棚橋弘至が登場した。

 

f:id:seki77:20170604083739p:plain


その時、しゃべったことは・・・

 

なんと棚橋が内藤の前に登場!「このベルトは俺が救います!」

 
試合後、内藤はマイクを握り、「ブエノスノチェ~ス、代々木~! 新日本プロレスを、いや、われわれL・I・Jを応援してくださる代々木のお客様。このあと、大阪城ホール……」としゃべっていると、棚橋が入場ゲートに登場。場内からは「棚橋」コールが起こる。


棚橋はマイクを持ってエプロンに立つ。すかさず内藤が「これはこれは負傷欠場中の棚橋選手。俺が何度呼びかけても会場に来なかったクセに、今日はどうなされたんですか?」と問いかけると、棚橋はリングイン


それを見て内藤は「もしかして、大阪城ホール、欠場の挨拶でもしに来たんですか? せっかく会場に来たなら、われわれL・I・Jを応援してくださる、代々木のお客様に、何か挨拶してみろよ、カプロン」と挑発。


すると、棚橋は「待て待て待て。ヒーローは遅れて登場するんだよ。内藤クン、今日もご機嫌ですね。お山の大将、いや、猿山の大将。(場外のヒロムとEVILを指し)キミとキミは猿感あるよ(場内笑)。


内藤クンがさ、アセんなよっていうから、しっかり治療ができました。たまにはいいこと言うよね。はあ……。


(場内を見渡し)いいねえ、この感じ。さ、いよいよ大阪城ホール。内藤クン。(ここで野次が飛ぶと)なんて? ハッキリ言え、コノヤロー。ナメんなよ。俺はな、怒ってんだよ。


じゃあ、そろそろ、決着……。(野次に対して)どうやら、俺のことが嫌いらしいな。まあ、見とけよ、大阪城ホール(場内拍手)。はあ、ひさしぶりにスッキリした!」とアピール。

 

ここで内藤はベルトを手に棚橋の前に立つ。すると、場内は「内藤」コールと、「棚橋」コールが交錯する。内藤はベルトを放り投げて、リングを降りて花道を下がる。
 


そのベルトを手にした棚橋は、「このベルトは俺が救います」と力強く宣言し、花道を下がった。


引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 

また、バックステージではこのように話している。

 

棚橋「ケガはよくなってます。『あっせんなよ』って言われたんで、しっかり治しました。去年左(腕の筋肉)が切れて、今年右(腕の筋肉)が切れて、ちょうどバランスが取れてます。(※報道陣に)渾身の自虐ギャグなんで、笑ってください(笑)。制御不能って言われてますけどね、とっくに制御可能なんすよ、俺の方がね。内藤的なところから言うと、何でも言うことが通るんでしょ? 俺の方が、真の制御不能なんすよ。まぁ、こういう闘い方は好きじゃないね。闘う前に気分がよくない。こういうのはこれで最後にする。覚悟を決めて、大阪城に行きます」


――内藤選手は、インターコンチのベルトを雑に扱ったり、「大阪城で防衛したら封印する」と言ってます。棚橋選手にとって、インターコンチのベルトっていうのは、内藤選手の行為を受けて、どう映ってますか?


棚橋「インターコンチのベルトを、ボクも巻いたことがありますけど、その時、何もできなくて。だからインターコンチのベルトを持って、どうしていくとか、これから何を見せていくっていうのは、獲ってからじゃないと言えないですね。ただ、ベルトに対して、やりがいだったりとか、楽しみだったりとかっていうのはあります」


――久々の登場で、客席の空気は二分されていたと思いますが、空気の変化は感じましたか?


棚橋「感じましたね。完全に二分してたなっていうか、6:4で向こうが多かったぐらいで。そういう時って、何かすげぇ燃えるんすよ。何か2007年のチャンピオン・カーニバルのイメージというか。チャラけてチャラけて、そんなイメージでいいんじゃないかと思っちゃいましたね。だから、棚橋に求められるヒーロー像ってもちろんあるんですけど、そういうものじゃないとこで勝負したいなと思いましたね。(※カメラに向かって3回手を叩いて)うしっ、大丈夫、仕上がってますから」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

 


注目してほしい文言はお客様からの「野次」。

 

  • 辞めちまえ!
  • 帰れ!
  • 何しに来たんだよ!


・・・これに、反応した?してしまった!?棚橋弘至の存在。


普通ならお客様の野次なんて気にしないでマイクを進めるのだが・・・まぁ、状況が状況だけに野次に対して反応したことに棚橋弘至の「アドリブ」が感じられる。素晴らしい!

 

ただ、今回の野次は、私的には少なかったようにも感じるのだが・・・まぁ、強いて言うならば、中途半端な野次とでも言いましょうか。

 

 


さぁ、これで、棚橋弘至の「ヒールフラグ」が立った!



puroresu.hatenablog.com

 


マイクでは、「矛盾」だらけの言葉の数々を並べたが、それが演出であるならば、棚橋弘至内藤哲也は恐るべし!となるのだが・・・結果はどうなることやら・・・

 


矛盾とは・・・

 


◆ヒーローは遅れて登場するんだよ。

↑ 地方のお客様のことを考えていない発言。

 


◆俺はな、怒ってんだよ。

↑ ファンのほうが1番怒っているのである。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

◆はあ、ひさしぶりにスッキリした!

↑ ひさしぶり!・・・来るのが遅い!

 

まぁ、内藤哲也の手のひらでコロコロ転がされている私としては、棚橋弘至のマイクは矛盾が多く聞こえたがあなたはどうでしたか?


これが、メインを食うぐらいの演出であるならば、大阪城ホール棚橋弘至も応援してしまう私も存在するのだが www

 

スポンサーリンク
 

 

 ⇒ 【姉妹ブログ】プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

「Numberプロレス総選挙2017」の投票締め切りは今日 (5月31日)です!

「Numberプロレス総選挙2017」の投票締め切りが今日(2017.5.31)になります。公式サイトには、何時まで?とかは書いていないので、おそらく23時59分まで投票すれば間に合うと思います。

 

 


ちなみに、 お一人様「3選手」まで投票可能で、

 

  • 1位:3ポイント
  • 2位:2ポイント
  • 3位:1ポイント


になります。


このまま内藤哲也が1位になれば7月10日に発売される「NumberPLUS プロレス2017(仮)」の表紙を飾ることが出来ます。


また、上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載。


ちなみに、7月10日は「ナイトーの日」ですね www

 


5月17日までの順位は以下になります。

 

 

5月17日までは、内藤哲也選手が2位の棚橋弘至選手に約3,000Pの差をつけていますが、棚橋弘至選手が、ここ数日の間にツイッターにて「Numberプロレス総選挙2017」のことをつぶやいていることから、まだまだ分かりませんね。

 

 

 

あとは、14位の高橋ヒロム選手が・・・

 

f:id:seki77:20170531083733p:plain

 

10位まで食い込めるか?気になるところ。10位に食い込めれば紙面に掲載されますからね。

 

まだ投票されていない方はこちらから

 

では。

 

スポンサーリンク
 

 

 ⇒ 【姉妹ブログ】プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

2017.6.11 大阪城ホールのチケット「前売り完売」が凄い3つの理由|新日本プロレス

2017.6.11 大阪城ホール大会のチケットが2週間前にもかかわらず「前売り完売」したことが発表された。

 

 

ちなみに、大阪城ホールは1万人規模の会場である。


そこで、この「前売り完売」がどれほど凄いことなのか?3つの理由を書こうと思う。



f:id:seki77:20170530204229p:plain

 

1、チケットが値上げされていた。


これから始まる「G1 CLIMAX 27」2017年8月5日(土)大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)大会と価格差を見てほしい。


※座席名所:大阪城ホール大阪府

 

  • ロイヤルシート:¥30,500¥12,500
  • 1階アリーナ:¥15,500¥9,500
  • 1階ひな壇A:¥15,500¥9,500
  • 2階特別席:¥8,500¥6,500
  • 2階指定席A:¥5,500¥4,500


1万人規模の大阪城ホールと5千人規模の大阪府立では比較対象にならないかもしれないが、ロイヤルシートの価格だけ見てもらえれば約2万円も違うことが分かるだろう。

 

次に、

 

2、全タイトル戦がまだ発表されていない。


発表になっているカードは・・・


スペシャシングルマッチ

マイケルエルガン vs cody

 

IWGPジュニアタッグ選手権試合

(C)六本木ヴァイス vs ヤングバックス

 

IWGPタッグ選手権試合

(C)ウォーマシン vs G.O.D

 

◆NEVER無差別級選手権試合 ランバージャック・デスマッチ

(C)鈴木みのる vs 後藤洋央紀

 

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

(C)内藤哲也 vs 棚橋弘至

 

IWGPヘビー級選手権試合

(C)オカダカズチカ vs ケニー・オメガ

 


まだ、決まっていないカードは・・・


IWGPジュニアヘビー級選手権試合

(C)高橋ヒロム vs ●●

 

◆NEVER無差別級6人タッグ王座

(C)EVIL&BUSHI&SANADA vs ●●

 

にもかかわらず「前売り完売」なのである。

 

最後は・・・これが1番驚いたことことだが・・・

 

スポンサーリンク
 

 

3、大阪城ホール大会のセミとメインに出場する選手4人、オカダカズチカ、ケニー・オメガ内藤哲也棚橋弘至がシリーズ前哨戦に全試合出場していないということである。


今までの新日本プロレスのやり方としては、タイトル戦に出場する選手は、前哨戦をしっかりと闘う流れだった。


しかし、今回は、休んでいる選手もいる。


つまり、選手を休ませても動員できるということなのである。


これは、非常に会社としてはプラスであり、今後の展開としては選手の体調面をしっかりとケアしつつもチケットは捌けると言うこと。

 

まとめると・・・


◆チケットが値上げされたにもかかわらず「前売り完売」。

 

◆全タイトル戦まだ発表されていないにもかかわらず「前売り完売」。

 

◆2017.6.11 大阪城ホールのセミとメインに出場する選手4人、オカダカズチカ、ケニー・オメガ内藤哲也棚橋弘至がシリーズ前哨戦に全試合出場していないにもかかわらず「前売り完売」。

 

最後に・・・

 

今の新日本プロレスは、選手過多で試合に出場できない選手もいる。ある意味、サバイバル化している状態。

 

そんな中、今行われている「ベスト・オブ・スーパージュニア24」では、鈴木軍のジュニア勢4人が「生き残る」ために頑張っているようにも感じる。


大阪城ホールでは、鈴木軍として1試合しか組まれていないことから、是が非でも「IWGPジュニアヘビー級選手権試合」か「NEVER無差別級6人タッグ王座」に絡みたいところだろう。


ぜひ、頑張ってほしい。


では。

 

スポンサーリンク
 

 

 ⇒ 【姉妹ブログ】プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓