読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレスラーの心理と戦略と本性と情報

プロレスラーも人間です。けど、お客様に「魅せる」スポーツなので、そこには心理と戦略と本性が存在します。その辺を私的な考えの元、綴っていきたいと思います。

BUSHIが引退を覚悟で内藤哲也に本音を伝えていなかったら・・・東京ドームには上がれなかった。

BUSHI SANADA EVIL 内藤哲也

スポンサーリンク

内藤に断られたら引退しようと思っていた・・・


これは、BUSHIの言葉である。

 

f:id:seki77:20161107065244p:plain


もし、内藤哲也に連絡し、上野で会うことが出来なかったら、今頃、丸武商店の多店舗展開をしていたかもしれない。。。


もし、プロレスラーになりたくてコンビニで働く内藤哲也と出会わなかったらサラリーマンをやっていたかもしれない。。。


もし、ロス・インゴベルナブレス・デハポンに引退を覚悟で気持ちを伝えていなかったら、東京ドームのマットに上がることが出来なかっただろう。。。


すべては、ディスティーノ。


運命である。

 

 

 


今日、2016.12.10 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナで行われる、

 

永田裕志天山広吉小島聡×

vs

BUSHI&EVILSANADA

 


第5試合に組まれている。

 

 

小島聡と言えば、「第8代 NEVER無差別級6人タッグ王座」の1人。


もしかしたら、この試合で小島聡から勝利したら東京ドームの切符を手にするかもしれない。


いや・・・しれないではなく、そうであってほしい。


なぜなら、今年2016年のジュニアは「BUSHI」が1番盛り上げたことは、誰しもがわかる事実だからである。


もし、内藤哲也に断られ、プロレスラーを引退していたら、こんな面白いストーリーを展開してくれる人物は今のジュニアには存在しない。


それくらい、BUSHIというレスラーは貴重であり、頭がキレる存在だ。

 


EVIL&SANADAに関してもそうである。

 

f:id:seki77:20161127171536j:plain


ワールドタッグリーグ2016、Bブロックで2位の成績だし、試合は誰が見ても一番面白かった。


EVILに関しては、1度、柴田勝頼から勝利しNEVERベルトを初戴冠している。


最悪、東京ドームで、小島聡リコシェ&フィンレーに負けたとしても「リングの上」に上がることに意味があるし、2016年の成績・功績からしても上がらないことの意味が解らない。

 

では。

 

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓