読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新日本プロレスニュース・情報ブログ

新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

スタッフでもある「ヨシタツ」がタグチ・ジャパン監督・田口隆祐に反抗したことは「プラス」に働くのか?|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170424102927p:plain

 

2017.4.23 東京・後楽園ホール大会「第5試合」


【本隊】

×ヨシタツ&リコシェ田口隆祐

vs

【ロス・インゴベルナブレス・デハポン

BUSHI&SANADA&高橋ヒロム

 

puroresu.hatenablog.com

 


試合後のバックステージにてヨシタツがタグチ・ジャパン監督、田口隆祐に反抗した。

 

ヨシタツ「オイ、田口。昨日コメント見たぞ。誰が、ネグロ・カサスだよ」

 

田口「ネグロ・カサスじゃないのか?」

 

ヨシタツ「俺は、三上博史を意識してんだよ」

 

田口「えっ!?」

 

ヨシタツ「どっから見たって、三上博史だろ」

 

田口「どこが三上博史だよ。芸能人の三上博史さんだろ?」

 

ヨシタツ「当たり前じゃないか。まぁ、その話はいいよ。もう2連覇だよ。どうなってんだよ、お前。バカヤロー、監督の采配が悪いからだよ」

 

田口「は!?」

 

ヨシタツ「采配ミスだろ。お前はスタッフの力を借りるんじゃないよ」

 

田口「お前が、出したサインを忠実にやってれば」

 

リコシェ「ゴメン。俺のミスだよ」

 

ヨシタツ「ノー。リコシェのせいじゃないよ。」

 

リコシェ「次、頑張ろう」

 

ヨシタツ「采配がショッパイよ。俺、スタッフなんだよ。試合負けたって言うんだったら、選手達で何とかしかなと。俺、スタッフなんだから。頼むよ」

 

田口「逆切れですか?」

 

ヨシタツ「お前な、悔しかったら、俺をメインイベンターに育ててみろよ」

田口「逆切れですか? メインイベンター?」

 

ヨシタツ「監督として悔しかったら、俺をメインイベンターに育ててみろよ! もう冗談じゃないよ。やってられないよ、ホント(※ヨシタツは先に控室にさがっていく)」

 

田口「『俺を育てろ』と?」

 

リコシェ「ノープロブレム」

 

田口「防衛に関しては、ノープロブレムだけど。『スタッフからメインイベンターに育てろ』と? そっか、やるしかないですか」


――ヨシタツ選手には、ブロックサインを教えてなかったんですか?

 

 


田口「いや、一覧表、サインメモは渡してます」


――伝わってなかったということですか?


田口「伝わってないですね。彼のやったサインが何なのかわからないですね。まぁ、『育てろ』と言うならね……このシリーズでいきなりメインイベンターは無理でしょうけどね、ある程度のところまでありますか。


まぁ、スタッフを受け入れてしまったものはしょうがないからね。ロスインゴもスタッフから勝ったってしょうがないでしょ? スタッフから2連勝して、何の意味がある? (俺かリコシェ)どっちかから獲って意味があるんでしょ。スタッフは“避雷針”ですよ。


我々はノーダメージでこのシリーズを切り抜ける“避雷針”。彼は昔から“避雷針”として、若手時代から怒られるのも彼でしたからね。まぁ、彼ができないだけなんですけどね。頑張ってもらいましょう。メインイベンターにしてみましょう」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 

・・・上記のやり取りを読んでも分からない人もいるかと思いますので、説明しますと・・・


ヨシタツ選手は、新日本プロレス所属選手であるが、近々まで海外の団体「CMLL」で試合を行っていた。


そして、2017.4.22 東京・後楽園ホールから帰還し、本隊として試合をするわけですが、そこには「タグチ・ジャパン」という人気急上昇中のユニットが完成していた。


だから、必然的に本隊 (田口隆祐監督とタッグ)で試合をするということは「タグチジャパンの一員」となってしまうのである。


しかし、田口隆祐監督は、ヨシタツ選手をタグチ・ジャパンの「正選手」と受け入れることをせず「スタッフ」として加入させたのだ。


そのツイートがコチラ。

 

 


そして、上記のやり取り・・・


ネグロ・カサスについては、2017.4.22 東京・後楽園ホール大会バックステージにて・・・

 

田口「ヨシタツが、勝敗以前に、なんだあのヘアスタイルは? なんだ? メキシコに行って、ネグロ・カサスか? ネグロ・カサスさんのマネか? ちょっと勝敗以前に、タグチジャパン一員として、あのヘアスタイルをどうにかしないと、話にならないね。なんだあれは? ネグロさんか?」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 


まぁ、この一連の流れで私が感じたことは、「インパクト」としてはあったかなぁ~と、しかし、ヨシタツ選手がやることで、マイナスに働いてしまうと言う・・・聊かさみしい現実だ。


もし、このヨシタツ選手の言葉を「KUSHIDA選手」が言っていたら、展開が上手く転がったと思うのは私だけでしょうか?

 

puroresu.hatenablog.com

 

・・・もしかしたらね www


では。

 

スポンサーリンク
 

 

追記

 

この記事の動画が新日本プロレスワールドで「無料公開」されています。

 

sinota.hatenablog.jp

 

 

人気ブログランキングの応援
よろしくお願い致します !(^^)!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓